用途に合わせたオリジナルのバッジ製作

Update Contents

  • ノベルティーにオリジナルバッジ

    企業ノベルティー 企業でノベルティーを制作する際、コストを抑え…

    » 続きはコチラ

  • オリジナルバッジを入場券代わりに

    修正も可能 オリジナルバッジは何もコーデのアクセントに使うだけ…

    » 続きはコチラ

  • オリジナルバッジの制作サービスについて

    一気に作れる オリジナルバッジ作りは一つ二つ程度であれば、自分…

    » 続きはコチラ

用途に合わせた作成

オリジナルバッジと言っても意外に種類があるのをご存知でしょうか?缶バッジのように裏が安全ピンになっている物、クリップ式の物、それからピンバッジのように裏がピンになっている物もあります。これらには一長一短があり、どれか一つに絞ると何かしらの問題が出てきやすいです。ですので、何かの目的でオリジナルバッジを作る場合、何タイプか作るのがオススメです。
例えば裏が安全ピンのバッジの場合、どこにでも気軽に着けるというメリットがある反面、服に着ける場合は穴が開いてしまうというデメリットもあります。裏がクリップ式になっている物は服に穴は開きませんが、着けられる場所がかなり限定されてしまうのがデメリットです。ピンバッジの場合は見た目は良いのですが、こちらも服に穴が開いてしまいますし、裏側が出っ張るのでやはり着ける場所が限定されます。
このように一長一短ですので、オリジナルバッジの製作をする場合は何に使うのか、どこに着けるのかなど用途別に製作して下さい。そうすればその都度その用途に合わせたバッジを使えますので良いですよ。ネットでの注文でしたら少数から製作してもらえますので、複数タイプのバッジを依頼するのもそれほど金銭的負担になる事はありません。

オリジナルデザイン

大量に置いてある私物の中から、自分の物を見つけるって案外大変なんですよね。特に指定されたバックなんかは全く同じだったりしますので、混ざってしまうと自分の物を見つけるのも一苦労です。バックだけならまだ良いかも知れませんが、それがいくつもあると最悪ですよね。しかし、オリジナルバッジがあればそんな問題もすぐに解決します。
市販のバッジを目印にするのも良いのですが、市販のバッジは他の人とかぶってしまう危険性があります。その点オリジナルバッジであればまずその心配はありません。自分でデザインしなければいけないというデメリットはありますが、一度デザインを作ってしまえばそれを使い回せます。追加注文の時などは非常に楽になります。
物によっては穴を開けられないなんて事もあると思いますが、オリジナルのバッジは安全ピンだけではなくクリップタイプの物も作れます。クリップタイプでしたら挟むだけですので穴を開けなくても済みますし、借り物に一時的にマーキングするのにも適しています。業者によっては市販品のバッジを買うよりも安くオリジナルバッジを作る事が出来る場合もありますので、毎回私物探しに大変な思いをしている人は検討してみて下さい。私物探しが劇的に楽になりますよ。

Copyright(C)2017 用途に合わせたオリジナルのバッジ製作 All Rights Reserved.